ロシアと日本の価値観

ロシアに滞在したり、日本に滞在したり、ある時はフィンランドに渡ったりする。

その過程でやはり価値観の違いとかやり方の違いは大雑把にあるし、驚くほど国ごとに違うものだ。

言語も隣国同士であるはずなのに、全然違うし、文化の違いや生活水準の差も目で見てわかる。

個人それぞれ違うのであるから、私は特定の国民を括ってどういう性格をしてるか判断するのは反対であるが、価値観の違いというものは嫌でも大きく表れる。もちろん個々の性格としては国とか関係なくいろんな人がいて、似たような考え方をもつ人がいるのは相違のないことだと思う。

日本人のお客様は神様という価値観

日本人の場合、お客様はお金をくれるありがたい存在なのだから、尊重し、何でも正しく、いくら暴言暴力されても抵抗せずに謝るしかない、クレームが来ないように…時間厳守…というのが現状であるが、私が知ってるロシアの都市では違う。お客様に対しても上かは目線だったり、平等な立場の接客だったりするし、クレームを言っても謝らず、抵抗したり、動じない店も多いし、時間にルーズである。

日本の場合は、クレームを過度に恐れ、理不尽なクレームに対しても言い返さず、ただただ謝るだけである。何とも情けないし女々しいことだと私は思う。

自己主張は悪いことなのか

思ったことをはっきり言う人は日本に比べても多く、「思ってることがあってもそれは主張しないのが良い」という価値観を持つ日本人とはまた違うものだ。

日本の場合、自己主張は悪いものとされ、自己主張をする者は嫌われる対象となる。

周りと違っていたり、空気が読めなかったりと、周りと同調できないと排除されるというのが一般的であるが、ロシアの場合は少し違う。

ロシアは…少なくとも私の知ってる都市は自己主張は悪いことだとされておらず、むしろ良いことだとされている。また、空気を読むことなど必要なく、言いたいことがあればはっきりと言って良いし、人それぞれ考え方が違うんだから…という価値観がある。人それぞれ違うのは当たり前で、考え方が違うという前提で議論が進む。相手も自分に合わせてくれることはない。他のロシア滞在ブログなどを見てるとそういう話は聞かないが、モスクワなどの首都は違うのかな?