個性について

I like people with individuality.

・個性は宝。尊重しなければならないもの。

・「周りがやってるから」は理由ではない。それが通る日本社会の方が問題。

・「同調しなければ仲間外れ」は本当の友人とは言えない。お互い個性を押し殺してまで付き合う必要はあるのか、それで本当に幸せなのか…。個性を尊重できる友人を持つべきだ。

You should respect one's personality.

・日本では自分の意見を持ち、主張することを良しとする風潮はない。意見を言える、押し付けられるのは「身分の高い人」のみである。

・多数派が正しく人民を幸福に導けるとは限らない。何の根拠もなく多数派について行くのは実は危ない橋を渡るようなもの。

有性生殖の生物は個性を持つことで生き残り競争で生存する道を選んだ。個性のない無性生殖の生物は病原体が流行れば一気に絶滅する危険性がある。それと同じでみんなあっちだからあっち…と納得のいく根拠もなく選択するというのは共倒れを意味するかもしれない。判断するのは周りではなく自分。

 

The more unique each person is, the more he contributes to the wisdom of others

・芸術はみんな同じではつまらない。常に個性がある人を必要とする。

・画家に必要なのは絵を描く道具と画力と個性と想像力。

固定観念があっては革新的な若しくは斬新なアイディアは思い浮かばない。個性とは関係ないが…

・軍隊などには個性はいらない。ただ、社会全体で個性を押し殺すのは社会を殺すのと同じである。

固定観念、集団こそ正しいという考えは柔軟さを失わせ、ネット右翼などトンデモ陰謀論を何も疑わず信じることへの原因ともなる。自分達とは違う考えの人を頭から否定し理解できない者を軽蔑し差別する。そのことこそ野蛮であることを自覚するべき。

 

It is not impossible to create a happy society where the world's highest efficiency, seen in Japanese society, coexists with diversity and open-mindedness to allow individuality to be respected.