読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産まれたころからロシアと近かった

俺は純血な日本人。しかし弟はロシア人の血が濃いわけだ。

僕の母親は俺が0歳の頃に離婚した。そして1歳の頃には早くもロシア人男性と再婚。

もちろんよくドラマで出てくるように本当の父じゃないことを隠すようなことはしてこなかった。顔で隠せないじゃないか。俺は思いっきり日本人顔だもん。

俺は大学2年生。3歳年下の弟は高校2年生。父似の弟はまだ幼い顔立ちが残っていてかわいいと言われるが俺は見向きもされない。弟と俺の格差はすごいと思う。

俺はロシア語は少し話せるがまだまだロシア人には遠く及ばない。ずっとロシア語を聞いてきたのに基本的な会話しかできないが故、父に日本語を喋らせて多大な負担をかけてしまった。

高校を卒業したとき、ロシア人女性と仲良くなりそのまま付き合うこととなった。ロシア人女性曰くユジノサハリンスクとかいう都市から来たらしい。どこやねん。

数カ月で俺らは結婚することとなったが結婚式は挙げてない。そんなに金を使えないし。妻となったロシア人女性はとても日本語が上手。

あと、モンゴルでは挨拶にキスをするらしいぞ。

------

そこまでが過去の話。

------

弟はロシア国籍を選択するようで、母親もロシアの首都モスクワに移住して帰化を目指すらしい。

俺は悩んだ末、日本にとどまり、日本人として生活していこうと思った。顔が思いっきり日本人顔の問題もあるし、二重国籍じゃない問題もあるし、ロシア語力の問題、寒さに弱い問題がある。そして、日本の学校で教育を受けた俺は向こうとは価値観も教養も違う。超苦労して入った薬学部を捨てるだなんて到底できない。お金はアルバイトしてあまり使わずに貯めて来てるし、これからもするからギリギリどうにかなかもしれない。

 

妻も俺も働いてるがそれでも生活は豊かとはいえない。

家族と遠い地で暮らし、国籍も違うものになるかもしれないが俺は日本で頑張る。

慣れた日本で生活するんだ。たとえ両親や弟と国籍が別になろうとも、一生対面できなくとも、ロシアと日本が断交しようとも。